oshirase

お知らせ

代理店に実態調査

6月30日、関東財務局から3月に受けたヒアリングの結果について

フィードバックのメールをいただきました。

ヒアリングの実施概要や各項目の結果について書かれています。

他代理店の回答など参考にさせていただきます。

 

6月22日の日本経済新聞の金融面に「金融庁、保険代理店にメス」

という大きなタイトルの記事が掲載されました。

「説明不足など苦情高止まり」で、「生損保24万店実態調査」

「改善なければ立ち入りも」とあります。

 

保険代理店は生命保険で約8万、損害保険で約16万、合計24万店です。

こう見ると損保系代理店が多く、苦情が多いのも損保系代理店に見えます。

ところが記事をよく読むとトラブルや苦情は生保の販売時に起きる内容です。

 

なぜ、生保販売時にトラブルや苦情が起きるのか?

それは顧客本位の生保販売をしていないからではないでしょうか。

形式上は顧客本位を掲げても、実際は営業数字に追われた無理な販売を

しているのかもしれません。(保険会社に都合の良い商品を販売するなど)

 

損保は顧客が保険に入る目的が明確なので、自然と顧客の意向に沿った

提案をすることになりますが、生保は勧める側の意向が強くなりがちです。

複数の保険会社から選ぶといっても、それが顧客に合った保険なのか・・。

 

実態調査をされるのであれば、この根本的な問題が

現場でどうなっているのかを調査してもらえると、

生命保険と損害保険の文化の違いが明確になり、

生保系代理店と損保系代理店の違いも見えてくると思います。

ちなみに当社は損保系代理店です。

 

2022/07/01


行事の再開

コロナ感染者数が少しずつ減少し、様々な行事が再開しています。

5月29日(日)には、わんぱく相撲板橋区大会も開催されました。

第 2 7 回 わんぱく相撲板橋区大会

当社は毎年協賛しておりましたが、3年ぶりの開催となりました。

 

当社の代表が所属していた東京青年会議所の後輩を中心とした

実行委員会が主催しています。

3年間のブランクや感染対策等の運営で大変な苦労が

あったと思います。本当にお疲れ様でした。

 

学校行事やイベントなど、再開するところが増えてきました。

今日から衣替えですね。夏も近付き暑い日が続きます。

マスクの着用も条件が緩和されるようですし、

そろそろ新しい日常として行事やイベントに参加したいですね。

2022/06/01


新年度の始まり

2022年度が始まりました。

戦争やコロナ禍といった混迷のさなかではありますが、

時代は刻々と過ぎていくのを実感します。

 

4月に入り、異動や担当者の変更がある季節です。

今年も様々な出会いと別れがありました。

 

保険会社の担当者は全国転勤が付き物で、翌日から

全く違う環境で仕事が始まることがよくあります。

東京から地方への転勤は、本当に別世界ですよね。

転勤がない私たちは羨ましくもあります。

 

良好な関係のままですと、現地の観光案内してくれたり、

また戻ってきて懐かしい再会があったりで、楽しみが増えます。

 

学校も新年度になって、当社ではPTA保険の更新時期になります。

先日、各方面の説明会に参加させていただきました。

PTA役員の皆様は苦労しながらボランティア活動されています。

少しでも不安の解消につながるように、できる限りのご支援をさせて

いただきます。

 

役員として残る方、新たに役員になった方、ぜひ良好な関係で

お付き合いさせてもらえると、再会する楽しみが増えて嬉しいです。

2022/05/02


関東財務局ヒアリング

3月4日、関東財務局のヒアリングを受けました。

昨年の12月に保険会社より、当社に金融庁からアンケートの

依頼がありそうと言われ、緊張しながら待っていました。

 

1月5日、当社に関東財務局金融監督課より入電。

正式にアンケートの依頼がありました。

事務所に金融庁(関東財務局)から直電とは、驚きでした。

 

1月末期限のアンケート回答を済ませ、ホッとしていたところ、

2月中旬にヒアリングを実施したいとのメールが届きました。

オンラインで行うのが難しければ、対面の実施とのこと。

オンラインで大丈夫です!と返信しました。

 

事前に接続テストを行い、準備万端にて当日のヒアリングとなりました。

2時間弱のヒアリングで、先方は上席調査官含めて8名(!)

画面越しではありますが緊張して臨みました。

 

時間はあっという間に過ぎ、日頃の体験や思いをお伝えしました。

先方も貴重な機会と言っていただき、熱心に私の話を聞いてくれました。

ヒアリング受けたことをHPで公開しても良いかお尋ねしたところ

内容に触れなければ構わないとの了承をいただきました。

 

顧客本位の業務運営の実態把握や好事例の収集が目的かと存じますが、

思いは共通で、現場としてより良い手法などを共有できれば光栄です。

ヒアリングの報告書が出るとのこと。しっかりと読ませていただきます。

2022/04/04


ニューリスク

2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻し

今日も戦闘が続いています。

これは映画の世界でなく、紛れもない現実です。

ロシアの相手が日本だったらと想像すると戦慄を覚えます。

 

想定外というインタビューをよく聞きました。

自分は大丈夫と思っていたとも。

世の中は想像以上のスピードで変化しており、

新しいリスクも生まれています。

 

コロナ感染症やサイバー攻撃など、

過去には想像できなかったリスクが現実化する今、

事前の対策と万一の備えの双方が必要になってきます。

それをどのような保険サービスでご提案できるのか?

 

本日の全体会議で協議しました。

ぜひ担当者までご相談ください。

2022/03/01


保険会社担当者との交流会

1月26日、東京損害保険代理業協会(東京代協)城北支部の恒例行事である

「保険会社担当者との交流会」が開催されました。

昨年同様、スタッフとパネリストのみ会場に参集したライブ配信です。

 

テーマは「各社のデジタル化とプロ代理店の未来」でした。

オンラインやDXなど、各社の現状や今後について、興味深いテーマですね。

損保4社の本社営業部からパネリストが参加されていました。

 

各社共通していたのは、デジタルはあくまでツールであり、顧客満足(顧客体験価値)を

向上させるために活用して欲しいという発言でした。

現段階では保険会社も模索状態で、ツールも試行錯誤というのが現場の実感かもしれません。

 

しかし、デジタル化は飛躍的に向上する可能性がありますし、この試行錯誤に関与しているか

どうかで、急激な進化についていく分かれ目になるのでしょう。

これからどんなツールが生まれるのかを楽しみに、そしてより早く活用できるように体制整備が必要です。

 

対面とオンライン、デジタルツールのベストミックスによって、顧客とコミュニケーションを図り、

お客様一人ひとりに合わせたサービスを提供することが、プロ代理店の存在価値になると思います。

 

2022/02/01


HGA監査

12月23日、クリスマスイブの前日にあいおい損保のHGA監査がありました。

HGAとは、ハイグレードエージェンシーの略で、あいおい損保(三井住友損保も)の代理店認定制度です。

その名の通り、ハイグレードな態勢整備が求められます。

 

事前に資料を提出し、当日は面談と監査講評になりました。

毎年同じ資料、同じ質問の提出に辟易(へきえき)することもありますが(苦笑)

定期的な観測により忘れかけていた気付きもあります。

 

2016年、改正保険業法によって、代理店に体制整備義務が課せられました。

内部管理体制の確認項目を見た時に、こんなことができる代理店はどれ位いるのか?と

疑問に思ったものです。

 

あれから5年が過ぎ、現場でも体制整備(態勢整備)が浸透してきたように感じます。

監査のための資料提出ではなく、日頃の実践が内部管理態勢を築く好循環になれば、

よりハイグレードなエージェンシーが増えていくのではないでしょうか。

 

結局は毎日の積み重ねです。今日はどうだったか?明日は何をするべきか?

そんな積み重ねで成長する1年にしていきたいと思っています。

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

2022/01/05


健康経営セミナー

11月17日、東京商工会議所板橋支部主催のセミナーに参加しました。

タイトルは「次世代の企業ブランド戦略~会社を元気にする!健康経営セミナー~」です。

久しぶりに会場でリアル参加しました。

 

会場とオンラインのハイブリッド開催だったのですが、パネリストが友人だったため

終了後にランチでもしようという話になり、こちらも久しぶりの面会となりました。

また、共催が東京海上日動火災保険で、東京代協の仲間もパネリストの一人として登壇していました。

 

パネリストの話はとても参考になりました。100人以上の社員に対し、このような取り組みを

浸透させるのはとても大変だと思いますし、苦労や失敗談も交えながら現在に至る話を興味深く聴きました。

現在は健康経営優良法人(ブライト500)に認定されているということでした。(登壇した2社)

 

実は当社でも、健康経営を支援する保険を取り扱いしています。

健康経営優良法人の認定要件をクリアしやすくなります。

健康であることに反対する人は誰もいませんよね。興味のある方はぜひご相談ください。

 

2021/12/01


金融サービスの提供に関する法律

本日から、「金融商品の販売等に関する法律」の改正により法律の名称が変更になります。

改正後は、「金融サービスの提供に関する法律」になりました。

この改正を受け、当社の「勧誘方針」も名称の変更を行いました。

 

本改正の経緯には「金融サービス仲介業」が新たに創設されたことにあります。

金融サービス仲介業は、銀行・証券・保険・貸金業すべての分野のサービスを

仲介することを可能とし、特定の金融機関への所属が不要になります。

 

消費者にとっては、金融サービスの提供をワンストップで受けることが可能になります。

富裕層の方の資産運用やオンラインを活用される方はワンストップサービスは便利ですね。

ただ、取り扱い可能なサービスは限られており、保険商品も限定されています。

 

保険だけでも、生命保険、損害保険、第三分野商品など複雑で難しいのが現実です。

まだまだ、餅は餅屋の文化が残るのではないでしょうか。

ただ、「金融商品の販売」から「金融サービスの提供」に変わるのは嬉しいですね。

当社は常に、「保険販売業」でなく「保険サービス業」であることを自負していますので。

 

 

2021/11/01


緊急事態宣言解除

昨日の期限をもって、東京の緊急事態宣言が解除になりました。

7月12日の緊急事態宣言発出以来の解除ですが、その前にまん延防止措置もあり、

完全解除は実に4月11日以来になります。

 

桜の時期から夏が過ぎ、季節はもう秋です。

生ビールが飲めない夏になってしまいましたね。

いよいよ飲みに行くぞ!という反動を抑えるかのように今日は冷たい雨が降っています。

忘年会で集まることができるよう、対策をした適度な飲食を楽しみたいものです。

 

こんな時ですから、外出を控えたオンラインセミナーが増えています。

先月参加したテーマは、ドライブレコーダー、ESG、地方創生、障害年金、

相続対策、ふるさと納税、と様々でした。

 

セミナーや研修はオンラインでも充分と思えるようになりましたが

やはり会議はリアル開催がいいです。

ミュートにしたり解除したりという間に発言機会を逃すこともあります(苦笑)

少しずつお会いする機会が増えるといいですね。

2021/10/01


新入社員

8月1日、当社に新入社員が入社しました。

21歳の青年です。当社の社員では当然ながら最年少、多くの社員と親子ほど年の差があります。

もちろん、保険業界は未経験。社会人としてもほぼ未経験の新卒同様です。

 

果たして会話は通じるのか?当社に馴染むことはできるのか?不安の1か月が過ぎました。

この1か月は研修と試験勉強の日々でしたが、毎日行動目標の記入と結果報告を

してもらい、その報告書に成長を見ることが出来ました。

 

表情も変わり、素直な若者は見る見るうちに成長するんだなぁと実感させられます。

さらに当社にとって、新入社員効果があったのは教育担当の近藤です。

教育担当を志願するほど資料作成やアドバイスに熱が入っています。

 

人に教えることが一番の勉強になると言いますが、まさに実感しているようです。

年頭のお知らせに、当社で一番年下の近藤に年下の後輩ができるように会社として頑張ると

抱負を書きましたが実現できました。

 

当面は保険会社に研修生として出向になりますが、当社としても一緒に研修していきます。

晴れて当社に戻った際、スタッフ紹介させていただきます。

このご縁が良い機会になるよう、私たちも日々精進していく所存です。

2021/09/01


東京代協セミナー

7月14日、東京損害保険代理業協会(東京代協)のWEBセミナーが開催されました。

講師は元金融庁の成島康弘氏で、タイトルも「金融庁検査の着眼点」という興味深いものでした。

事前の登録者は1000名を超えたらしく、関心の高さが分かります。

 

最初に立入検査の概要から入り、実際に検査をされていた立場でリアルな説明がありました。

「体制整備が不十分な代理店は無保険状態と同じ」という発言に全く同感です。

保険をお客様にお勧めする立場が無保険状態では信頼など得られるわけがありません。

 

また、募集人(社員)教育の重要性にも触れ、この業界は知識が重要であり、

常に研修や独学で、商品や周辺知識の習得に努めることが重要とのことでした。

 

今後はさらに、企業としての文化(カルチャー)も検査していくことになり

経営者は営利や数字だけを追うような企業にしてはいけないとのこと。

そのために、社員の報酬体系や働き方を考慮し、会社全体で顧客本位の業務運営が

自然に行われる企業文化を浸透させなければなりません。

 

当社では毎回の会議で、お客様の声を全員で共有し、どうすればお客様に喜んでもらえるのか?

考え続けています。

このような地道な積み重ねによって、理想の企業文化が形成されていくと実感しています。

 

2021/08/02




お問い合わせはこちら

このホームページは概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず各商品パンフレットおよび「重要事項のご説明」等をあわせてご覧ください。また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」等をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問い合わせください。